エンタメ

サンシャインシティ猛毒展2 夏休みの自由研究にもおすすめ!

投稿日:

2014年にサンシャインシティで開催された

大人気、もうどく展の第二弾

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)

へ行ってきました。

特設展示場は、水族館入り口の

正面に設置されており、

水族館のチケット窓口とは別で

直接購入する事が出来ます。

間違って水族館と同じ

チケット購入口に並ぶと

時間をロスしますので注意してください。

入り口はこんな感じです。

展示会数の2と痛を掛けています。

展示生物には毒のレベルが記されており

どうなってしまうのかが

一目で分かるようになっています。

展示ゾーンは、

ゾーン1 魔女の毒薬調合室~防御するための毒をもつ生物~

ゾーン2 マッドサイエンティストの研究室~毒を利活用する生物~

ゾーン3 レッドゾーン~死亡例のある生物~

に別れていて、

演出された水槽やゲージに

毒生物が展示されています。

そして、7/1からは新たに

ゾーン4 最強クラス~超危険生物~ が追加されています。

生き物も追加されていて、

「パラポネラ(別名、弾丸蟻)」

「ウモレオウギガニ(2種類の猛毒を持つカニ)」

「ツムギハゼ(青酸カリの1000倍の毒を持つ)」の

最強クラス3種が追加展示されています。

さすがに今話題のヒアリはいなかったです。

こちら名前が格好いい、ファイアーサラマンダー

色も鮮やかです。

ガラスの一枚先の危険生物にきっと興奮すると思います!

意外なものとして、驚いたのが、青梅の毒性。

最強クラスのレベル5です。

完熟すると毒が抜けるとのことですが、

昔の人は、梅干しを開発したと思うのですが、

よくそこまで食べられる状態を

見つけられたなと感心します。

普段見ることができない毒を持つ生物は、

夏休みの自由研究のテーマにも

ぴったりだと思いますよ。

全体的にエンターテイメント性を

高くした展示会場となっていますが、

お子さんと見終わった後、

ただ毒を持つ生物は危険で怖い

というだけでなく、

何故毒を持っているのか?

怒らせない為にはどうしたら良いかなど

一緒に考えてあげて下さい。

ウチの子は、身を守る為、

近寄らなければいい!と

理解してくれたようです。

-エンタメ

Copyright© 今よ来い , 2019 AllRights Reserved.