エンタメ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない映画公開!第二章は!?

投稿日:

ジョジョファンにとって、映画化は、悲願の夢でした。

そして、とうとうそれが実現します!

ジャパニーズシネマで!

2017年8月4日(金)に

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章が

公開されます。

長期に渡り、第一線を走り続けてきた作品なだけに

公開のニュースと同時に賛否が飛び交うのは当然の事です。

ですが、批判は覚悟の上で挑戦するその姿勢には

賛辞を贈りたいと思っています。

そこで、今まで我々に感動と興奮を与えてくれた

この作品の映画化について、批判ではなく、

魅力を伝えて行きたいと思います。

仗助、承太郎、注目のキャストは?

作品の良し悪しを決める大事な要素は、

もちろん作品を演じる俳優陣となります。

キャストを見る限り、私の好きな俳優さんが

多数出演されている為、とても楽しみです。

主要なキャストは以下です。

東方 仗助 :山崎 賢人

空条 承太郎:伊勢谷 友介

広瀬 康一 :神木 隆之介

虹村 形兆 :岡田 将生

虹村 億康 :真剣 佑

片桐 安十郎:山田 孝之

山岸 由香子:小松 菜奈

この中でも私的に注目なのは、

空条 承太郎役の伊勢谷 友介さんと

片桐 安十郎役の山田 孝之さん。

伊勢谷さんの承太郎は、体格こそ細いかな?

とは思いますが、クールな雰囲気は、本当に承太郎。

これははまり役なような気がします。

山田 孝之さんは何の役でもハマってしまう

超実力派俳優。

映画のキャラクターは作りすぎなような気はしますが、

しっかりと魅せてくれるんだと思います。

ジョジョの監督は、三池崇史監督

注目の監督は、三池崇史監督。

数々の人気漫画の映画化に挑んできた

実績のある監督です。主な作品には、

クローズZERO、クローズZEROⅡ、ヤッターマン

無限の住人などがあります。

特に、クローズシリーズは、とても面白く

原作とは違った魅力を演出してくれました。

監督の三池さんと原作者の荒木先生はなんと同じ年。

そんな意味でも三池監督であれば、

荒木先生の作品を殺すようなことはしないでしょう!

気になるスタンドの出来ィィィィィィィ!

皆さんが最も気にしているのが、

スタンドの出来だと思います。

実写化の間違いなく、実写化のキモであり、

この出来が映画の80%を決めてしまうでしょう。

実写のスタンドがしょぼいだけで、

恐らくファンは、「やっぱりな。。。。」と

なってしまうと思います。

実写化で失敗するところってこのCGの所ですよね。。

アメリカみたいに莫大な予算立てられないからなぁ。。

今のところしっかりとスタンドが写っているのは、

アンジェロのアクアネックレスだけですね。

個人的には、悪くはないかなと思います。

新予告では、クレイジーダイアモンドの腕が見れます。

まだまだ何とも言えませんが、きっとこだわっている事でしょう。

ジョジョの映画グッズ、楽しみじゃありません?

もうひとつ、私が足を運ぶ理由として、

映画館のグッズが楽しみです。

ペンであったり、ピンバッジであったり、

カッコよさそうですよね!

第二章の予想!露伴と重ちーは出るのか!?

森王町が舞台という事は、当然、

打倒、吉良吉影までをやることでしょう。

という事は、当然、キーマンである

岸辺露伴氏と、重ちーの存在は外せません。

二章は、岸辺露伴と重ちーの登場と

重ちーの頭シェイクぐらいまででしょうか?

この辺りの情報も第一章を見れば、

二章の予告が見れたりして。。

とにかく、私は、ジョジョの実写映画公開と同じ時代を

生きられている事に喜びをかみしめつつ、

公開日を楽しみにしようと思っています!

-エンタメ

Copyright© 今よ来い , 2019 AllRights Reserved.