スーパーフード

2017年のスーパーフードはレッドフルーツ 美肌効果で夏を乗り切ろう!

更新日:

広告



こんにちは、パパットペソです。

最近、疲労感や肌荒れが

ハンパなく、このまま夏を乗り切れるのかが

とても不安になってきました。

そんな時、あるテレビで、スーパーフードに

関する特集を観ました。

話には聞いた事はあるけど、

その時は特に不調もなかったし、

スルーしていたのでしょう。

薬や何やらよりもやっぱり食品で!

という事でちょっと調べてみました。

スーパーフードとは

発祥は、アメリカやカナダ。

食事療法を研究する機関や専門家、医師の間で

特出した有効成分を持つ食材が

スーパーフードと呼ばれるようになりました。

特定の食材を指定したものではなく、

特定の栄養価の含有量が飛び抜けて高く、

少量で摂取できるもののようです。

日本スーパーフード協会では、

次の定義をスーパーフードと定めています。

・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

引用:日本スーパーフード協会

プライマリースーパーフード10とは!?その効果は!?

さらには、日本スーパーフード協会が

特に推奨しているスーパーフードには

次の10種類があるとの事。

1.スピルリナ
効果:豊富なたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど栄養価70種類以上
2.マカ
効果:若さを支えるアミノ酸、みなぎる活力!
3.クコの実(ゴジベリー)
効果:老化予防、滋養強壮、目の保護
4.カカオ
効果:動脈硬化やガン予防、認知症予防
5.チアシード
効果:美容と豊富な食物繊維
6.ココナッツ
効果:デトックス効果やむくみ解消、熱中症対策
7.アサイー
効果:貧血、アンチエイジング、美肌効果
8.カムカム(カムカムベリー)
効果:ストレス対策、アンチエイジング、疲労回復
9.ブロッコリースーパースプラウト
効果:アンチエイジング、肝機能強化、うつ病、がん予防
10.麻の実(ヘンプ)
効果:豊富なたんぱく質とミネラル、希少な必須脂肪酸

いくつかは聞いたこともある食材ですが、

どれもすごい栄養がありそうです。

ただ、なかなか手軽にとれるものではないですよね。

チョコラBBと、新ビオフェルミンSが

最強の食べ物と思っていましたが、

そんな事はなかった訳ですね。

広告



2017年のトレンドスーパーフードは、レッドフルーツに注目!

実は、日本スーパーフード協会から、

毎年、今年のトレンドスーパーフードを発表しているそうです。

今年のトレンドは、レッドフルーツ。

❖ 2017S/Sトレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 ❖
第1位   レッドフルーツ<アセロラ、ゴジベリー>
第2位   青いスーパーフード<進化系スピルリナ>
第3位   酸化しないスーパーオイル<米ぬか油>
第4位   MUGIGOHAN<大麦(もち麦)>
第5位   プラントウォーター<メープルウォーター、バーチウォーター>
第6位   カカオニブ
第7位   シーバックソーン
第8位   進化系チアシード<ローストチア>
第9位   ビーポーレン
第10位  スプラウテッド・アーモンド

引用;日本スーパーフード協会

アセロラは、ドリンクや飴など割と手に入れやすいですよね。

今年は、流行も後押しして、さらに手に入りやすいかも。

スーパーフードを意識的に取って、

栄養満点、夏を乗り切りましょう!

広告



-スーパーフード

Copyright© 今よ来い , 2019 AllRights Reserved.